>  > 攻め抜いて逝かせます

攻め抜いて逝かせます

初対面のデリヘル嬢なので、トークが弾むか不安でしたが、けっこう盛り上がりました。時間を気にしながらですけど、結構話し込んで、それから服を脱いでお風呂へ。ジャグジー付きバスで泡いっぱいにして、楽しそうな女の子を見てると、確かに10代の若さを感じましたね。股間に揺れるワカメも健康そうでゆらゆら揺れているのを見ていると欲情をそそります。すぐにでも触れたくなりましたが、そこはガマン。優しくちんこを洗ってもらってフル勃起状態でベッドへ。恥ずかしそうに照明をほとんど消してのプレイで、少しというかかなりエキサイトします。まずは、ゆっくりねっとりとしたキッス、そして、私から攻めさせてもらって、おっぱいへの愛撫、乳首へのキッスへと進んでいくと、女の子から吐息がもれます。その敏感さに満足して、あせらずゆっくりおっぱいへの愛撫とキッスを続けながら、おまんこへ手を向かわせると、恥ずかしそうに腰をくねらせるのです。それではということで、クリトリスにベロを這わせていくと、声のトーンも大きくなって逝ってしまいました。

2回目は無理というショック

プレイに関しては、ちょっと前にこちらのお店で利用した際、発射できなかった事があったので、予めデリヘル嬢に、「2回頑張りたいんだけど・・・」なんて伝えてみました。あいにくと微妙な反応をされるのではないかなんて思いましたけど、女の子は「じゃぁ、私も頑張ります」なんてにっこりスマイルで返してくれたので大変安心しました。ちょっと前は私の気力不足でデリヘル嬢のプレイに応える事が出来なかったのですが、今回はシャワーの時点で既にちんこはカチカチになっていて、いつでも発射可能な状態でした。女の子には「1回出しときますか?」なんて出前持ちみたいに言われて笑いながらお願いしました。ということで女の子に確認をとってからフェラチオ手コキで発射しました。しかし、ここから問題が・・・。というかやはり歳でしょうか・・・。発射してから2回は無理だと気づきましたよ。それならと攻めに徹してみました。しっかりと感じてくれているのか、デリヘル嬢は気持ちよさそうによがってくれて、全身痙攣しながらエクスタシーを迎えてくれましたよ。

[ 2015-10-08 ]

カテゴリ: 風俗体験談